カテゴリ:旧跡めぐりの旅( 9 )

連休なのに、おりこうに家に居た。
夫もおりこうに自宅で仕事がらみの作業をしていた。
二人して最終日はもうお出かけしたい気分MAX!

。。でもコレと言って行きたい処は無し。。

そんな時はココへ行くんだ!
困った時の会津頼み(^_^;)会津若松市〜!
f0067528_21531499.jpg

もうお日様がてっぺんを余裕で過ぎちゃってから家を出たので夕方の陽射し。
また、このお店へ向った。
f0067528_21535279.jpg

巷では、なかなか手に入らないコレを買うと言う名目でのドライブ。写楽
f0067528_21544653.jpg

結局、このお酒はここの製造場では売らないようになったという。。
(−_−#)もう!不便じゃ〜ん!!ここで売ろうよぉー!

お城にはあえて寄らずに、その近くの
こんな碑を見に行った。山本覚馬、新島八重の生誕の地
f0067528_21565697.jpg

一般の民家さんの玄関先に作られているので。。
写真を撮るのも恐縮した。。。。。それでもちゃっかり撮るのだけれども。。
この碑のために近くに駐車場が設けられてる。
でもこの看板、現在地が書いてないし江戸の頃の住宅地図だし。。わかりにくいよぉ!
f0067528_21572175.jpg

いろいろブツクサ言いながら、
車の窓から「蕎麦」の文字がたくさん目に入ったので
夕飯はこの街でお蕎麦を食べて帰ろう!と
携帯で調べて問い合わせをしてみる。
。。ことごとく「今夜は営業しないんですよぉ〜」とか
「本日は14時で終わったんです」とか
さすがに連休の最終日の夜は早終いらしい。。。

。。。(°_°;)困った、もう胃液は蕎麦の準備ができている。。。

携帯でいろいろ探してやっとお蕎麦にありついた。
f0067528_23473945.jpg

ツルツル美味しくいただきました(^O^)満足満足♫
会津はいつ来ても歴史を感じる良い街だ〜♫
[PR]
by mihonpin | 2013-10-16 00:18 | 旧跡めぐりの旅 | Comments(0)

南町奉行の石垣。

有楽町の駅前。
f0067528_22335666.jpg

こんなのが有る。
大岡裁きで有名な大岡越前の南町奉行所の石組下水溝の石垣が
発掘調査で見つかったらしい。
f0067528_22263777.jpg

そしてその石垣の一部をベンチとして再現したいるのだ!
いつもは多くの人たちが腰をおろしているのに
ちょうど誰も居なくなった(*^o^*)シャッターチャ〜ンス☆
f0067528_22343053.jpg

石の表だけじゃなくて、後ろっ側も見える!
うれしい〜!(≧∇≦)
なんでこんなに石垣チックなのが好きなんだろ?
惚れ惚れする(⌒▽⌒)思わず触ってしまう。
f0067528_22344487.jpg

江戸の頃、職人たちにここに置かれ
それからずっとここに鎮座していたのだ。
下水溝っていうのが些か気になるけど。。(ー ー;)
ペッタペッタ叩いたりスリスリ撫でたりした。
腰をおろして見る。ん〜冷んやりしていい感じ(^.^)♫
[PR]
by mihonpin | 2013-06-21 22:20 | 旧跡めぐりの旅 | Comments(0)
3月始めに東日本は、大変な事が起こったので
今年は、海外旅行の予約なんて気には全くなれなかった。。
GWは、あまり遠くにはお出かけせずに、我が家も、安・近・短で。。
またまた、お江戸散策で手を打った(^-^)v
徳川家の菩提寺増上寺へ、GO~!!
いつもは全く興味無く。。素通りしていたこの辺りを。。
なぜ今、増上寺か?と言えば、
先日、ブラタモリで見て・・行きたくなったという
あいかわらずのミーハーな理由(^^;)
JRの浜松駅で降りてテクテク歩く。
大江戸線の大門駅から真っ直ぐな道。
そう言われて見れば、なるほど参道なのだなぁと納得する。
f0067528_12284726.jpg
f0067528_1229737.jpg

外側の大門が見えて来た。「お邪魔しま~す!」と潜入開始。
f0067528_12291963.jpg

f0067528_12294361.jpg

次に寺院の正面に配置される門、三解脱門・・貪・瞋・痴の三煩を解脱する境界の門だそうで。
あまりに立派でここが本堂?と一瞬、思うほど←私だけかな?(^^;)
f0067528_1230940.jpg

ここにも、こんな影響が。。
f0067528_12331936.jpg

こちらが正真正銘の御本堂東京タワーとのバランスがGood!だと私は思う!
f0067528_12302641.jpg

慶長3年、徳川家康の命により、この地に移設されたとのこと。
江戸城の裏鬼門の守りなのだ。
f0067528_12304652.jpg

言っても徳川さん家のお墓。
もちろん家康は日光。
将軍15代のうち、6人(秀忠、家宣、家継、家重、家慶、家茂)が葬られている。
他、今流行のお江さんも、皇女和宮さんや側室なども。。
一般人も参拝できる。入場料1人300円。
f0067528_12311391.jpg

あの徳川家の菩提寺にしては、地味めで
それでいて、どっしりとした重厚感のあるお寺だった。
徳川さん家が頑張ってくれたおかげで、
私の好きな江戸の町人文化が開花したんだもんね!?感謝して合掌した。

せっかくココまで来たから、最近スカイツリーに「お株」を持ってかれたカンのある
東京タワーも見てみるか?と夫とそぞろ歩いた。
結構な人が居て「入場チケット購入まで50分待ちで~す!」と叫ぶ係りのお兄さん。
ほほ~(^_^)良かった。なぜか?安心した。
まだまだ人気のスポットなんだね。もちろん並ばず写真だけ(^m^;)
634mの約半分だけど、
333mなかなかどーして、大きいです!
f0067528_13501956.jpg

f0067528_13515891.jpg

[PR]
by mihonpin | 2011-05-05 13:52 | 旧跡めぐりの旅 | Comments(2)

会津の魅力。

そう言えば夫は、意外と会津フリークで
数年前から幾度か「会津若松」に行っていた。
P.C 内の写真を探し出した(^^;)
JR会津若松駅
f0067528_21151826.jpg

何気なく撮った写真。鶴が城。歴代の城主の家紋が並んでいた。
f0067528_21154095.jpg

会津といえば、どうしても幕末の悲劇の少年たち白虎隊を思い出すけど
近頃マイブーム(ちとクドイかな。。)の
『独眼流政宗』『葵・徳川三代』を見るにつけ
・・なぜ天下を轟かせる伊達政宗をはじめ戦国武将達がこぞって、
この地(会津)を欲しがって争ったのか?が、気になってしょうがない。。
江戸はもちろん京などは遥か遠く、
山に囲まれ、冬は雪深い。。
確かに水清らかでウマイ米が多くとれるけど。
米が量産されるようになったのは、きっと江戸時代に入ってからのことだろうし・・。
なぜ?
夫は《地の力》を感じる!と、彼らしくないスピリチュアルな事を言うが。。(^^;)
まぁ、難しい事はよく知らないけど。
米ウマイ!お酒ウマイ!馬刺しウマイ!お城カッコイイ!
イイ事たっぷり会津若松確かに魅力的♪
エンヤ~会津磐梯山は~宝の山よ~♪と歌われた磐梯山
f0067528_2116092.jpg

夜桜のライトアップされた鶴が城
f0067528_21162172.jpg

馬刺しを使った握り寿司。
f0067528_21322451.jpg

お堀の石垣♪
f0067528_21171579.jpg

[PR]
by mihonpin | 2009-05-10 21:21 | 旧跡めぐりの旅 | Comments(2)

江戸城:天守台。

4日、お天気も良く。
初めて皇居の東御苑に入ってみた。
目的は、夫が『江戸城の天守閣の跡見たくない?』って聞いてきたから。
もちろん 『YES!!』
青空に輝くタマネギ近くに在る北桔橋門<きたはねばしもん>から入場。
f0067528_22484867.jpg

ここの門は、特に「お堀の石垣」が素晴らしい!!
石垣フェチの私は、嬉しくてウズウズ♪するのだ(*v*)
f0067528_22242415.jpg

天守台が楽しみだった私は、ネットで予習をしていたのだけれど。。
思ってた以上に門から近かった。
もう、門に入る前から見えている。デーンと。。
f0067528_2256839.jpg

礎の部分だけって。。つくづく残念。。
うぅ~、天守閣っ~(><。)あったらなぁ・・石原さん造ってくんないかなぁ~♪
f0067528_222255100.jpg

さながらピラミッドみたいだ。
f0067528_22352928.jpg

近くで見ると、一つ一つの岩が大きく。。感動する!!
f0067528_22315254.jpg

上に登るとちょっとした広場になっていた。
写真にすると広く見えるけど・・それ程広くない。。。
f0067528_22374647.jpg

真ん中の方にいくつかのベンチがあった。
夫とそこに腰掛け天下人になった気分になった(^-^)
お天気も良く、気分爽快♪現代の御江戸を見おろしながら
おにぎりをパクつく
f0067528_22455673.jpg

よは、満足じゃ058.gif
[PR]
by mihonpin | 2009-05-07 22:47 | 旧跡めぐりの旅 | Comments(0)
伊達氏ゆかりの地:人取橋
NHK大河ドラマ「伊達政宗」でいう所の
《第13話:人取橋》の舞台となった地である。
f0067528_15333359.jpg

福島県の本宮市の一面の田んぼのド真ん中に、
チョンとそれを示す柱と慰霊碑と案内板がある。
f0067528_1534034.jpg

何を隠そう、父が転勤族だった私は、
この地に住んでいたことがあり、この田んぼのあぜ道を通学路していた。
友達と花を摘んだり、用水路の小川に葉っぱの舟を流して競争したり
道端の石に腰かけ自由帳にお絵かきしたり・・。
ダラダラと文字通り道草をくって歩いた記憶が今も鮮明に残っている。
ほんの2年間で、またすぐ引越してしまったのだけれど・・非常に懐かしい場所だ。。

でも当時の私は、ボーッとしていて(今もだけど。。)気が付かなかったのか?
このような碑は。。無かったように思われる。。
大河ドラマで紹介されてから、柱や案内表示が作られたのではないか?
f0067528_15334814.jpg

いずれにしても、この地で昔々合戦があった事を想像する。
・・広大でなだらかなすり鉢状のこの土地で3万7千人が戦う。
大将は、あの辺りの少し小高い所で戦況を見ていたのだろうな・・と。

ここで、いかりや長介扮する鬼庭左月が壮絶な討死するのだ。
あのドラマのハイライトシーンの一つだった。
そんな歴史的な場所を毎日ボケーッと通学していて。。すみません(^^;)
[PR]
by mihonpin | 2009-05-03 15:42 | 旧跡めぐりの旅 | Comments(0)
伊達氏ゆかりの地:白石城
f0067528_0212981.jpg

寛治2年(1088)刈田左兵衛尉経元がここに築城したのが始まり。
その後、蒲生氏・甘粕氏(上杉家家臣)の配下を経て
慶長7年(1602)に伊達政宗の家臣片倉小十郎景綱が入城。
一国一城令後も同じ仙台藩内に拠点の青葉城があるにも関わらず、
例外的に、ここも「城」としての存続が認めらた。
その後260年ちかく、十代にわたり片倉氏が居城し、
仙台藩南の要として軍事上の重要な拠点となった。
  
・・片倉小十郎・・
 伊達政宗の右腕として伊達家に仕えた重臣。
才に長け、 かの豊臣秀吉にヘッドハンティングされかかった逸材である。
f0067528_0214458.jpg

f0067528_021563.jpg

平成七年(1995)に三階櫓(天守閣)と大手門を、史実に忠実に復元された。
f0067528_022841.jpg

f0067528_0222194.jpg

f0067528_0223489.jpg

隣接する白石城歴史探訪ミュージアムには、
3Dシアター的なのも有ったようだったけれど
到着した時間が遅く、惜しくも最後の上映開始直後だった。
1階のお土産店には、伊達政宗グッズや片倉小十郎グッズがたくさん有って
・・・どれもこれも欲しくなった(^^;)

この宮城県白石市は白石温麺(うーめん)が名産とやら。。
「白石温麺マップ」のような物をお土産店でゲットして
ちゃんぴんと二人、どのお店にしようか?
。。悩む事しばし。。
喜び勇んで名物を食しに行くのである。。次号ご期待のほどを。。(^^)/
[PR]
by mihonpin | 2009-04-30 23:56 | 旧跡めぐりの旅 | Comments(4)
伊達氏ゆかりの地
お天気も良く、絶好のお城見学日和!
高速もお得になった昨今。。さすがに混んでたけど(><。;)
難攻不落の二本松城。別名《霞が城》
伊達政宗が落城せしめるのに、なかなか手こずった名城の1つ。
近代になってからは秋に『菊人形』の祭典が開かれ
多くの観光客が県内外から訪れる名所になっている。
室町時代(中期)に奥州探題の命を受けた畠山満泰が築城。詳しくは↓
f0067528_20191430.jpg

それ程、標高の高い山には見えなかったけれど、石垣はきっと古いものだろう。立派!
駐車場から見上げたその様は、建造物のように威圧感があり
”石垣マニア”の私は見事なフォルムにゾクゾク♪した。
f0067528_20192832.jpg

観光バスなども来ていて、けっこうな人出。
f0067528_20195183.jpg

「箕輪門」という門構えもなかなかどうして見事なカンジ。
f0067528_202046.jpg

あの大きな石垣の上は広場になっていた。
f0067528_20201677.jpg

そして、その広場の奥にカンジ良い遊歩道があり「本丸はこちら→」との札があった。
その一見ゆるやかな坂道に誘われた。
f0067528_202029100.jpg

登り始めること数分。。。キツイ(・・;)結構辛い。。
そして思ってた以上に遠い。ゆるやかそうな上り坂・・行けども行けども続いている。
日差しも強く体力が徐々に減少してきた。。見た目より、だいぶ奥行きの有る城跡。。
コレが「難攻不落」たる由縁か??
やっと本丸跡地。。あぁ、しんど。。
f0067528_20204044.jpg

神々しくさえ見えた石垣は平成になってから再建されたものという。
二本松市が一望できるその高台は、
f0067528_20231218.jpg

伊達政宗に「2本の松はどっちつかずの二股か!?」罵られ
ムキになって攻め落とされた
・・その時まで140年も守り続けた郷土愛とプライドが偲ばれた。

我が家は、この後
伊達政宗の頭脳と呼ばれた片倉小十郎『白石城』にむかったのである。
つづく。。
[PR]
by mihonpin | 2009-04-29 20:23 | 旧跡めぐりの旅 | Comments(0)

夕食のおとも。

夫との共通の趣味の1つに『映画鑑賞』がある。
私は高校生の頃からハリウッド映画が好きだ!
ゆえに新築のおりには、頑張ってリビングに100インチのスクリーンを設置した。
f0067528_0551098.jpg

始めのうちは、爆発シーンの轟音等・・近所迷惑にならないか?ちょっと不安になり
二人で外に出て聞いてみたりしたものだった。
だた洋画は、ヒアリングがイマイチな私どもは、字幕が見たいので
画面から目が離せず『よっし!映画を観るぞ!!』と決めて
それぞれ飲み物(焼酎やビール)を準備し、
ソファをリクライニングして準備万端にして観るのだ。

だから食事中などは、なかなか無理で。。(^^;)

一方、食事中に最適な映像と言えば。。字幕も無く、ほぼ食事に要する時間に合い、
次が楽しみになっちゃうカンジの連続モノ。。を和室の小さめのTVで観る。
映画ではないけど。。大河ドラマが一番!と言える♪
先月は、20年前ぐらいの伊達政宗を必死に観て、
二人で戦国の世に思いを馳せていた。
先週からは、葵・徳川三代を観始めた。
食事を楽しみながらも関が原の戦い等について
カンカンガクガクと二人で盛り上がっているのである。

このGWは「海外にでも行こうか?」と話しているうちに・・・時を逸していたので。。
伊達氏縁の地徳川の気配を感じる地へ赴き
ツワモノどもの夢の跡を辿る旅にでも出ようか?と話している(^-^)
[PR]
by mihonpin | 2009-04-27 00:34 | 旧跡めぐりの旅 | Comments(4)

日々のちょっとした良いことを見つけていこう!としているブログです。 旅行記、美味しいもの等も載せています。


by mihonpin